「讃美歌21」 502番
 「光のある間に」


  
光のある間に


1 光のある間に 歩くならば
  光の子たちは ひとつとなる。

2 光のある間に 歩くならば
  死の谷ゆく日も 恐れはない。

3 光のある間に 歩くならば
  いばらの道さえ 栄光の道。

4 光のある間に 歩きなさい、
  光のみ神が 共にいます。

ヨハ12:35−36 エフェ5:8 出10:23
詩43:3




讃美歌のページへ

inserted by FC2 system