「讃美歌21」 507番
 「主に従うことは」

 「主に従うことは、いかによろこばしき」という歌いだしで親しまれてきましたが、子どもにもわかるようにと「なんとうれしいことか」となりました。主に従うことが努力や忍耐ではなく、この歌詞のように喜びとなるような信仰でありたいものです。
 この讃美歌の作詞・作曲はアメリカの牧師グラント・タラー(!869〜1950)です。
 讃美歌歌詞


1 主に従うことは
  なんとうれしいこと。
  心の空 晴れて
  光は照るよ。

  (くりかえし)
  主のあとに続き
  共に進もう。
  主のあとに続き
  歌って進もう。


2 主に従うことは
  なんというしあわせ。
  悪い思い きえて
  心は澄むよ。

3 主に従うことは
  なんと心づよい。
  おそれのかげきえて
  力は増すよ。
マコ2:14,8:34

讃美歌のページへ

inserted by FC2 system