「讃美歌21」 510番
 「主よ、終わりまで」

 日本キリスト教団の教会で最も好まれている讃美歌のひとつ。葬儀の時によく歌われると共に、献身的内容と変化に富んだ流麗な曲が人気の秘密。
 作詞はジョン・E・ボード(1816〜1874)でイギリス国教会聖職者。歌詞が日々の祈りにしたいほどの本当に素晴らしい内容。 曲はアーサー・H・マン(1850〜1929)で有名なオルガニスト。

 旧讃美歌338番の歌詞が変わり、おそらく旧讃美歌で最も慣れ親しんだ曲だけに、つい間違って歌ってしまいます。原歌詞(19世紀イギリス国教会 聖職者ジョン・E・ボード。彼の子どもの堅信礼のために書き下ろした詞)にもとづいて改訳されすっきりと口語化されました。各国の各会派でも最も採用されている讃美歌である。
 讃美歌歌詞

1 主よ、終わりまで しもべとして
  あなたに仕え したがいます。
  世のたたかいは はげしくても、
  主が味方なら 恐れはない。

2 この世のさかえ 目を惑わし、
  誘惑の声 耳に満ちて、
  敵は外にも 内にもある。
  お守りください、主よ、私を。



3 静かにきよい み声により
  お語りください、主よ、みことば。
  心のあらし 吹きあれても、
  聞かせてください、主よ、み声を。

4 主は約束を かたく守り、
  終わりの日まで みちびかれる。
  私はここに 誓いを立て、
  主よ、終わりまで したがいます。
ヨハ12:26 王上19:12 ルカ9:57
Tペト2:21 ロマ8:3

讃美歌のページへ

inserted by FC2 system