「讃美歌21」 512番 
「主よ、献げます」

 旧讃美歌339番「きみなるイェスよ」が全面的に改訳されたもの。
 原作者フランシス・R・ハヴァガル(1836〜1879)はアメリカの敬度主義運動の中で、神のみ業に参与'しようという彼女の新たな決意が表されています。
 作曲者ルイ・J・F・エロール(1791〜1833)は、オペラで成功した作曲家。


讃美歌歌詞

1 主よ、献げます 私のいのち、
  あなたのために 用いてください。
  今この時も これからのちも
  み名をたたえて 日々過ごします。

2 主よ、献げます 私の手足、
  みわざのために 用いてください。
  差しのべる手を 愛の手として、
  平和伝える 主の手足として。


 3  主よ、献げます 私の声を。

    あなたのみ名を ほめ歌います。
    この唇を よいおとずれで
    あふれるばかり 満たしてください。

 4   主よ、献げます 私の愛を、
    知恵も力も 宝もすべて。
    私のうちに あなたが住んで
    みむねのままに 用いてください。

       ロマ12:1 ルカ10:21 マコ12:44 エス4:14

讃美歌のページへ

inserted by FC2 system