「讃美歌21」 516番
 「主の招く声が」

  軽快なリズムの曲はヒュバード・パリー(1848〜1918)イギリスの作曲家。意外に年代が古いのに驚きます。
 歌詞はフレッド・P・グリーン(1903〜)。牧師を40年程勤めた後に引退しました。彼は、それから本格的な讃美歌作家として人生を歩み、いっきに花を咲かせた人です。
 実に生き生きとした信仰を歌いあげます。19番も代表作の一つ。

 讃美歌歌詞

1 主の招く声が 聞こえてくる。
  日ごとにやしない、新しく生かす、
  私たちを 招く声が。

2 呼ばれるこの身は 力も無く、
  この世の重荷と わずらいの中で
  くびきを負い、あえいでいる。

3 み声に応えた 聖徒たちの
  歩みに従い、私たちもまた
  主の名を身に 帯びて進もう。

4 新しい課題も 日々のわざも
  十字架を負われた 主が与えられた
  つとめとして 励んでゆこう。

5 主の招く声が 聞こえてくる。
  こんなに小さな 私たちさえも
  みわざのため 用いられる。


マコ1:16〜20 マタ11:29〜30
詩95:7 ヘブ4:7〜11,12:1


讃美歌のページへ

inserted by FC2 system