「讃美歌21」 566番
むくいを望まで

 
 讃美歌歌詞

1 むくいを望まで 人に与えよ、
  こは主のとうとき みむねならずや、
  水の上に落ちて 流れしたねも、
  いずこの岸にか 生いたつものを。

2 浅きこころもてことをはからず、
  みむねのまにまに ひたすら励め。
  風に折られしと 見えし若木の、
  おもわぬ木蔭に 人をも宿さん。


 Uコリ9:6−13 コヘ11:1 詩143:10
 マタl0:8 ヨナ4:10−l1 Iコリ3:6−7
 使20:35




讃美歌のページへ

inserted by FC2 system