「讃美歌21」 571番
いつわりの世に

 
 讃美歌歌詞

1 いつわりの世に 別れを告げん。
  罪と不正を われは憎む。
  仕えし者に むくいて主は
  住まわせたもう、永遠の国に。

2 神の子イェスよ、教えたまえ。
  いかに苦しみ しのぶべきか。
  弱き心を 支え強め、
  平和のうちに 逝かせたまえ。

3 つねにかわらず 主の十字架は
  輝き照らす、わが心を。
  悩みのときの なぐさめなる
  主イェスのみ顔 示したまえ。

4 苦しみ悩み 主はしりぞけ、
  み力をもて われを強め、
  恵みのうちに わがたましい
  主はふところに いだきたもう。

5 とうとき主イェスよ、今、わが名を
  いのちの書に しるしたまえ。
  主イェスの愛に むすばれつつ
  われは憩わん、主の国にて。


 出32:32 黙3:5,20:12 Iヨハ2:15
 ルカ23:42−43,2:29−32 サム上25:29




讃美歌のページへ

inserted by FC2 system