「讃美歌21」 11番 
「感謝にみちて」

 「ドイツ語のテ・デウム」と呼ばれ、全世界の教会で感謝の時に歌い続けられています。
 詩・曲ともにマルティン・リンカルト(1586〜1649)。
 貧しい少年であったリンカルト。彼の音楽と詩人の才能を見出した町の牧師は、彼を助けて高校・大学に送ります。
 彼も期待通りの働きをなし、牧師となります。この曲は自分の子どもたちが食卓の感謝の歌として作られました。
 讃美歌歌詞

1 感謝にみちて み神をたたえん。
  すべてささげ みわざをうたわん。
  母の胎に ありし日より
  あがないたもう 神の力。

2 わがいのちの すべての日々を
  恵み祝し 平和をあたえ、
  いかに深き 悩みすらも
  あわれみもて いやしたまわん。

3 栄光と賛美 ささげてうたわん。
  父なる神 み子と聖霊に、
  昔いまし 今もいまし
  永遠にいます ひとりの主に


詩22:10〜11 エレ1:5 マタ21:16 (シラ50:22〜24)


讃美歌のページへ

inserted by FC2 system