「讃美歌21」 12番
 「とうときわが神よ」

 約300年前にドイツで創られたもの。
作者はバルトロメウス・クラッセリウス牧師。聖霊の助けによって「アッバ父」と祈る幸いを表しています。曲は歌にあったシンプルな力強さを持っています。原曲は、8節までありましたが、日本語訳は4節にまとめてあります。最初の出だしを伸び伸びと歌いましょう。

  讃美歌歌詞


1 とうときわが神よ、くらぷるものなき主よ、
  心貧しけれど、聖霊の力受け、
  主イェスのみ名をあがめ われほめたたえ歌わん。

2 うるわしき歌もて 声高く歌うとも、
  いかなる言葉もて 主のみわざ語るとも、
  限りなきその恵み いかでのべ伝うべき。

3 いかに祈るべきか 弱きわれら知らねど、
  深きうめきをもて 聖霊とりなしたもう。
  み国の世継ぎとされ 「アッバ、父」とわれら呼ばん。

4 いかに幸なるかな、信じて求むる者、
  その祈りすべてを 神は常にききたもう。
  たぐいなき愛の主を とこしえにほめたたえん。


ロマ8:14〜26 出9:16 ガラ4:6〜7 黙19:16

讃美歌のページへ

inserted by FC2 system