「讃美歌21」 54番 
「聖霊みちびく神のことばは」

 作詞者ウイリアム・クーパーは精神の病と闘いながら近世イギリスの詩人として名声を残しました。
 曲はのびのある開会にふさわしい響きといえます。聖書が示す天なるキリストに照らされながら歩む喜びを歌っています。

 讃美歌歌詞

1 聖霊みちびく 神のことばは
  まことの教えの 光はなつ。

2 栄光輝く 聖なる書は、     
  すべての時代を 照らす光。   




3 恵みは豊かに 照る陽のごとく。
   あまねく世界の 上にそそぐ。

4 暗き世を照らす み神の知恵に
   尽きざるよろこび ささげ歌わん。

    5 喜びいさみて み足のあとを
      さかえの朝まで たどりつづけん

詩119:129〜136 ルカ1:78〜79 ヨハ1:1〜5


讃美歌のページへ

inserted by FC2 system