「讃美歌21」 56番
  「主よ、いのちのパンをさき

作詞者はメアリー・ラズベリー(米 1841〜1913)。メソジスト教会の牧師の娘として生まれ美術家であり小説家、また詩人でもありました。ウィリアム・F・シャーウィン(米 1826〜1888)がこの詩に曲をつけました。「いのちのパン」とは聖書に記された神の御言葉ですが、言葉のニュアンスから聖餐式とも受け取れます。
 讃美歌歌詞

1 主よ、いのちの パンをさき、
  あたえたまえ、われらに。
  祈り求む ひたすら、
  主のいのちの みことは。

2 ガリラヤにて 親しく
  パンを祝しし主イェスよ。
  示したまえ、われらに
  主のまことの みことば。

3 主よ、いのちの 聖霊を
  送りたまえ、われらに。
  語りたまえ みことは、
  見させたまえ みすがた。

 ヨハ6:47−51 エレ15:16
   詩119:97−104




讃美歌のページへ

inserted by FC2 system