「讃美歌21」 58番 
み言葉をください

 改めてこの曲の詞を味わってみて下さい。深くて力ある内容です。作詞者、今駒泰成(1926〜)は、戦争体験の中で献身し、農村伝道神学校・日本聖書神学校で学び日本基督教団の教会牧師として働きました。現在は、単立教会の協力牧師。
 作曲者は小山章三(1930〜)は、「神に直接訴えかけるこの歌詞に感動しつつ作曲した。」と語っています。日本だけでなく外国の讃美歌にも採用された曲です。


  讃美歌歌詞

1 み言葉をください、
  降りそそぐ雨のように、
  恵みの主よ。
  飢えと渇きに あえぎくるしみ、
  やみじさすらう
  いのちのために。

2 み言葉をください、
  吹く風のように強く、
  救いの主よ。
  からみつく罪 根こそぎされて、
  いのちあらたに
  芽生えるために。

3 み言葉をください、
  草におく露のように、
  いのちの主よ。
  人と人との こころかよわず、
  乱れあらそう
  世界のために。
マタ8:8 アモ8:11 ヨブ38:1 創11:1‐9



讃美歌のページへ
inserted by FC2 system