「讃美歌21」 93番
  「 礼 拝 文 

     93-1 招   詞
       [一般]
       [待降節・アドヴェント]
       [降誕節・クリスマス]
       [新年]
       [四旬節(受難節・レント)]
       [受難週〕
       [復活節・イースター]
       [聖霊降臨節・ペンテコステ]
     93-2 栄光の讃美(グローリア)
     93-3 十   戒
     93-4-1 使徒信条
     93-4-2 ニケア信条
           (ニカイア・コンスタンティノポリス信条)
     93-5 主の祈り
     93-6 派遣のことば
     93-7 祝福・祝祷

・ここに掲げた招詞・派遣のことば・祝梼はすべて「例」です。
 原則として、新共同訳聖書によっていますが、口語訳を用いたものには
 *をつけました。
 聖句どおりでなく、抜粋したり配列に手を加えたものには、聖句箇所に
 「〜による」と記しました。他にも、朗読しやすいように句読点を付し
 たり行を変える等、変更を加えたところもあります。
 聖書で「兄弟たち」と記されている箇所では「姉妹たち」を付加して用
 いてください。
・呼びかけと応答の形に分割したものがあります。
・招詞は、ここで指定された期節以外に用いることもできます。

93‐1 招詞

[一般]

1 全地よ、主に向かって喜びの叫びをあけよ。
  喜び祝い、主に仕え喜び歌って御前に進み出よ。(詩編100:1−2)

2 御名の栄光を主に帰せよ。聖なる輝きに満ちる主にひれ伏せ。
                               (詩編29:2)

3 主はその聖なる神殿におられる。全地よ、御前に沈黙せよ。
                               (ハバクク書2:20)

4 静まって、わたしこそ神であることを知れ。
  わたしはもろもろの国民のうちにあがめられ、全地にあがめられる。
                              (詩編46:10)*

5 ヤコブよ、あなたを創造された主は
  イスラエルよ、あなたを造られた主は今、こう言われる。
  恐れるな、わたしはあなたを贖う。あなたはわたしのもの。
  わたしはあなたの名を呼ぶ。
                              (イザヤ書43:1)

6 わたしたちの助けは 天地を造られた主の御名にある。 (詩編124:8)

7 すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとにきなさい。
  あなたがたを休ませてあげよう。 
                              (マタイ11:28)*

8 まことの礼拝をする者たちが、霊と真理をもって父を礼拝する時が来る。
  今がその時である。                   (ヨハネ4:23)

9 もはや、ユダヤ人もギリシヤ人もなく、奴隷も自由人もなく、男も女もない。
  あなたがたは皆、キリスト・イエスにあって一つだからである。
                              (ガラテヤ3:28)*

10 兄弟(姉妹)たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。
   自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。
   これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です。   (ローマ12:1)

〔待降節・アドヴェント]

11 城門よ、頭を上げよ
   とこしえの門よ、身を起こせ。
   栄光に輝く王が来られる。
   栄光に輝く王とは誰か。
   万軍の主、主こそ栄光に輝く王。         (詩編24:9−l0)

12 もろもろの谷は高くせられ、もろもろの山と丘とは低くせられ、
   高低のある地は平らになり、険しい所は平地となる。
   こうして主の栄光があらわれ、人は皆ともにこれを見る。
                            (イザヤ書40:4−5)

13 時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい。
                            (マルコ1:15)

14 あなたたちが待望している主は
   突如、その聖所に来られる。
   あなたたちが喜びとしている契約の使者
   見よ、彼が来る、と万軍の主は言われる。   (マラキ書3:1)

15 夜はふけ、日が近づいている。それだから、わたしたちは、やみのわざを
   捨てて、光の武具を着けようではないか。   (ローマ13:12)*

16 司式者)すべてを証しする方が、言われる。
      「然り、わたしはすぐに来る。」
   会 衆)アーメン、主イエスよ、来てください。 (黙示録22:20)

[降誕節・クリスマス]

17 起きよ、光を放て。
   あなたを照らす光は昇り
   主の栄光はあなたの上に輝く。
   見よ、闇は地を覆い
   暗黒が国々を包んでいる。
   しかし、あなたの上には主が輝き出で
   主の栄光があなたの上に現れる。      (イザヤ書60:1−2)

18 新しい歌を主に向がって歌え。
   主は驚くべき御業を成し遂けられた。
   地の果てまですべての人は
   わたしたちの神の救いの御業を見た。   (詩編98:1,3による)

19 良い知らせをエルサレムに伝える者よ。
   声をあげよ、恐れるな
   ユダの町々に告げよ。
   見よ、あなたたちの神
   見よ、主なる神。             (イザヤ書40;9b−10a)

20 神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる
   者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。  (ヨハネ3:16)

21 「キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世にきて下さった」という言葉は
   確実で、そのまま受けいれるに足るものである。(第1テモテ1:15)*

22 実に、すべての人々に救いをもたらす神の恵みが現れました。 
                            (テトス2:11)

[新年]

23 初めに、神は天地を創造された。
   神は言われた。「光あれ。」           (創世記1:1,3)

24 新しい歌を主に向かって歌え。
   全地よ、主に向かって歌え。
   主に向かって歌い、御名をたたえよ。
   日から日へ、御救いの良い知らせを告げよ。   (詩編96:1−2)

25 見よ、わたしは万物を新しくする。       (黙示録21:5)

26 だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である。古い
   ものは過ぎ去った、見よ、すべてが新しくなったのである。
                           (第2コリント5:17)

27 初めからのことを思い出すな。
   昔のことを思いめぐらすな。
   見よ、新しいことをわたしは行う。
   今や、それは芽生えている。       (イザヤ書43:18−1,19a)

28 見よ、わたしはあなたの前に門を開いておいた。(黙示録3:8)

29 あなたの行く手に立ちはだかる者はないであろう。わたしはモーセと共に
   いたように、あなたと共にいる。あなたを見放すことも、見捨てることもない。
                               (ヨシュア記1:5)

[四旬節(受難節・レント)]

30 主は言われる。
   「今こそ、心からわたしに立ち帰れ、断食し、泣き悲しんで。衣を裂くので
   はなく、お前たちの心を引き裂くのけ」
   あなたたちの神、主に立ち帰れ。      (ヨエル書2:12−13a)

31 主を尋ね求めよ、見いだしうるときに。
   呼び求めよ、近くにいますうちに。
   主に立ち帰るならば、主は憐れんでくださる。 (イザヤ書55:6,7b)

32 高く、あがめられて、永遠にいまし、その名を聖と唱えられる方がこう言
   われる。わたしは、高く、聖なる所に住み、打ち砕かれて、ヘりくだる霊の
   人と共にあり、ヘりくだる霊の人に命を得させ、打ち砕かれた心の人に命を
   得させる。                   (イザヤ書57:15)

33 神の求めるいけにえは打ち砕かれた霊。打ち砕かれ悔いる心を、
   神は侮られることはない。            (詩編51:19による)

34 神に近づきなさい。そうすれば、神はあなたがたに近づいて下さるであろ
   う。罪人どもよ、手をきよめよ。二心の者どもよ、心を清くせよ。
                           (ヤコブ4:8)*

35 わたしについて来たい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、
   わたしに従いなさい。              (マタイ16:24)

[受難週]

36 娘シオンよ、大いに踊れ。娘エルサレムよ、歓呼の声をあげよ。
   見よ、あなたの王が来る。高ぶることなく、ろばに乗って来る、
   雌ろばの子であるろばに乗って。      (ゼカリヤ書9:9による)

37 司式者)ダビデの子にホサナ。
       主の名によって来られる方に、祝福があるように。
   会 衆)いと高きところにホサナ。        (マタイ21:9b)

38 見よ、わたしの僕、わたしが支える者を。
   わたしが選び、喜び迎える者を。         (イザヤ書42:la)

39 キリストも、あなたがたを神に近づけようとして、自らは義なるかたで
   あるのに、不義なる人々のために、ひとたび罪のゆえに死なれた。
                           (第1ペトロ3:18a)*

40 はっきり言っておく。一粒の麦は、地に落ちで死ななければ、一粒のまま
   である。だが、死ねば、多くの実を結ぶ。     (ヨハネ12:24)

41 イエスは、わたしたちのために、命を捨ててくださいました。そのことに
   よって、わたしたちは愛を知りました。だから、わたしたちも兄弟(姉妹)
   のために命を捨てるべきです。        (第1ヨハネ3:16による)

[復活節・イースター]

42 わたしは知っている、
   わたしを贖う方は生きておられ
   ついには鹿の上に立たれるであろう。        (ヨプ記19:25)

43 これは主の御業、わたしたちの目には驚くべきこと。
   今日こそ主の御業の日。
   今日を喜び祝い、喜び躍ろう。         (詩編118:23−24)

44 主をたたえよ
   日々、わたしたちを担い、救われる神を。
   この神はわたしたちの神、救いの御業の神
   主、死から解き放つ神。             (詩編68:20−21)

45 荒れ野よ、荒れ地よ、喜び踊れ
   砂漢よ、喜び、花を咲かせよ。
   野ばらの花を一面に咲かせよ。
   花を咲かせ、大いに喜んで、声をあけよ。
   砂漠はレバノンの栄光を与えられ
   カルメルとシャロンの輝きに飾られる。
   人々は主の栄光と我らの神の輝きを見る。   (イザヤ書35:1−2)

46 眠りについている者、起きよ。
   死者の中から立ち上がれ。
   そうすれば、キリストはあなたを照らされる。   (エフェソ5:14)

47 死は勝利にのみ込まれた。
   死よ、お前の勝利はどこにあるのか。
   死よ、お前のとげはどこにあるのか。   (第1コリント15:54b−55)

[聖霊降臨節・ペンテコステ]

48 その後、わたしはすべての入にわが霊を注ぐ。
   あなたたちの息子や娘は預言し
   老人は夢を見、若者は幻を見る。         (ヨエル書3:l)

49 わたしは新しい心をあなたがたに与え、新しい霊をあなたがたの内に置く。
   あなたがたはわが民となり、わたしはあなたがたの神となる。
                    (エゼキエル書36:26a,28bによる)*

50 わたしの内に清い心を創造し
   新しく確かな霊を授けてください。
   御前からわたしを退けず
   あなたの聖なる霊を取り上げないでください。
   御救いの喜びを再びわたしに味わわせ
   自由の霊によって支えてください。      (詩編51:12−14)

51 真理の霊が来ると、あなたがたを導いて真理をことごとく悟らせる。
                            (ヨハネ16:13a)

52 あたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたはカを受ける。そして,エル
   サレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、
   地の果てに至るまで、わたしの証人となる。 
                               (使徒1:8)

53 希望はわたしたちを欺くことがありません。わたしたちに与えられた聖霊
   によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからです。 
                                  (ローマ5:5)
93‐2 栄光の讃美(グローリア)

 いと高きところには、神に栄光がありますように、
  地にある神の民に、平和がありますように。
 私たちの主なる神、天にいます王、全能の父なる神よ、
  私たちはあなたをあがめ、あなたに感謝し、
  あなたの栄光をたたえて、讃美をささげます。
 父なる神のひとり子、主イエス:キリストよ、
  主なる神、神の小羊、
 あなたは世の罪を取り除かれます。
  主よ、私たちをあわれんでください。
 世の罪を取り除かれる主よ、
  私たちをあわれんでください。
 父なる神の右にいます主よ、
  私たちをあわれんでください。
 ただあなただけが聖なるかた、
 あなただけが私たちの主、
  ただあなただけがいと高きイェス・キリスト。
 聖霊と共に、父なる神と共にいます主に、
  栄光がありますように。アーメン。
93‐3  十 戒

 わたしは主、あなたの神、あなたをエジプトの国、奴隷の家から導き出した
 神である。
(1)あなたには、わたしをおいてほかに神があっではならない。
(2)あなたはいかなる像も造ってはならない。上は天にあり、下は地にあり、
   また地の下の水の中にある、いかなるものの形も造ってはならない。
   あなたはそれらに向かってひれ伏したり、それらに社えたりしてはならない。
   わたしは主、あなたの神。わたしは熱情の神である。わたしを否む者には、
   父祖の罪を子孫に三代、四代までも問うが、わたしを愛し、わたしの戒めを
   守る者には、幾千代にも及ぶ慈しみを与える。
(3)あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない。みだりにその名を唱える
   者を主は罰せずにはおかれない。
(4)安息日を心に留め、これを聖別せよ。六日の間働いて、何であれあなたの
   仕事をし、七日目は、あなたの神、主の安息日であるから、いかなる仕事も
   してはならない。あなたも、息子も、娘も、男女の奴隷も、家畜も、あなたの
   町の門の中に寄留する人々も同様である。六日の間に主は天と地と海と
   そこにあるすべてのものを造り、七日目に休まれたから、主は安息日を
   祝福しで聖別されたのである。
(5)あなたの父母を敬え。そうすればあなたは、あなたの神、主が与えられる
   土地に長く生きることができる。
(6)殺してはならない。
(7)姦淫してはならない。
(8)盗んではならない。
(9)隣人に関して偽証してはならない。
(10)隣人の家を欲してはならない。隣人の妻、男女の奴隷、牛、ろばなど隣人
   のものを一切欲してはならない。
                            (出エジプト記20:2−17)


   ※第(4)戒(安息日規定)は、以下の申命記版を使用することもできます。
(4)安息日を守ってこれを聖別せよ。あなたの神、主が命じられたとおりに。
   六日の間働いて、何であれあなたの社事をし、七日目は、あなたの神、
   主の安息日であるから、いかなる仕事もしてはならない。あなたも、
   息子も、娘も、男女の奴隷も、牛、ろばなどすべての家畜も、あなたの
   町の門の中に寄留する人々も同様である。そうすれば、あなたの男女の
   奴隷もあなたと同じように休むことができる。あなたはかつてエジプトの
   国で奴隷であったが、あなたの神、主が力ある御手と御腕を伸はして
   あなたを導き出されたことを思い起こさねばならない。そのために、
   あなたの神、主は安息日を守るよう命じられたのである。 
                             (申命記5:12−15)
93−4 
 
1 使徒信条


A 我は天地の造り主、全能の父なる神を信ず。我はその独り子、我らの主、
  イエス・キリストを信ず。主は聖霊によりてやどり、処女マリヤより生れ、
  ポンテオ・ピラトのもとに苦しみを受け、十宇架につけられ、死にて葬られ、
  陰府にくだり、三日目に死人のうちよりよみがへり、天に昇り、全能の父なる
  神の右に坐したまへり、かしこより来りて、生ける者と死ねる者とを
  審きたまはん。我は聖霊を信ず、聖なる公同の教会、聖徒の交はり、
  罪の赦し、身体のよみがへり、永遠の生命を信ず。アーメン。


B わたしは、天地の造り主、全能の父である神を信じます。
  わたしはそのひとり子、わたしたちの主、イエス・キリストを信じます。
  主は聖霊によってやどり、おとめマリアより生まれ、ポンテオ・ピラトの
  もとで苦しみを受け、十字架につけられ、死んで葬られ、よみにくだり、
  三日目に死人のうちからよみがえり、天にのぼられました。そして全能の
  父である神の右に座しておられます。そこからこられて、生きている者と
  死んでいる者とをさばかれます。わたしは聖霊を信じます。
  きよい公同の教会、聖徒の交わり、罪のゆるし、からだのよみがえり、
  永遠のいのちを信じます。アーメン。

 2 ニケア信条(ニカィア・コンスタンティノポリス信条)

 わたしたちは、ただひとりの神、すべてを支配される父、
  天と地と見えるものと見えないもののすべての造り主を信じます。
 またただひとりの主イエス・キリストを信じます。
  主は神のみ子、御ひとり子であって、
  世々に先立って父から生まれ、光からの光、
  まことの神からのまことの神、
  造られたのでなくて生まれ、
  父と同質であって、
  すべてのものは主によって造られました。
  主は人間である私たちのため、私たちの救いのために、
  天からくだり、
  聖霊によりおとめマリアによって受肉し、人となり、
  私たちのためにポンティオ・ピラトのもとで十字架につけられ、
  苦しみを受け、葬られ、聖書にあるとおり三日目に復活し、
  天にのぼられました。
  そして父の右に座しでおられます。
  また生きている者と死んだ者をさばくために、栄光のうちに再び来られます。
  そのみ国は終わることがありません。
 また聖霊を信じます。
  聖霊は主、いのちの与え主であり、
  父(と子)から出て、父と子と共に礼拝され、共に栄光を帰せられます。
  そして預言者によって語られました。
  私たちは、ひとつの聖なる公同の使徒的な教会を信じます。
  罪のゆるしのためのひとつのバプテスマを認めます。
  死者の復活と、来たるべき世のいのちを待ち望みます。アーメン。
                        (日本キリスト教協議会共同訳)
93−5 主の祈り

A 天にまします我らの父よ、
  ねがわくはみ名をあがめさせたまえ。
  み国を来らせたまえ。
  みこころの天になるごとく
  地にもなさせたまえ。
  我らの日用の糧を、今日も与えたまえ。
  我らに罪をおかす者を我らがゆるすごとく、
  我らの罪をもゆるしたまえ。
  我らをこころみにあわせず、
  悪より救い出したまえ。
  国とちからと栄えとは
  限りなくなんじのものなればなり。
  アーメン。                     (1880年訳)

B 天の父よ
   み名があがめられますように。
   み国が来ますように。
   みこころが天で行われるように地上でも行われますように。
   わたしたちに今日もこの日のかてをお与え下さい。
   わたしたちに罪を犯した者をゆるしましたから、
   わたしたちの犯した罪をおゆるし下さい。
   わたしたちを誘惑から導き出して悪からお救い下さい。
   み国も力も栄光もとこしえにあなたのものだからです。
   アーメン。              (日本キリスト教協議会統一訳)



  司式者)天の父
  一 同)わたしたちの父よ。
      み名があがめられますように。
      あなたの国が来ますように。
      みこころが、
      天と同じく地でも行われますように。
      きょうのパンをきょうお与えください。
      わたしたちの負い目をおゆるしください。
      わたしたちも負い目をゆるし合います。
      わたしたちを誘惑におちいらせず、
      かえって、悪からお救いください。
      国も力も栄えも限りなくあなたのものです。
      アーメン。              (教会音楽祭委員会訳)

93‐6 派遣のことば

 1 今、行きなさい。わたしはあなたを遣わす。 (出エジプト記3:10による)

 2 父がわたしを世にお遣わしになったように、わたしもあなたがたを世に
   遣わします。                (ヨハネ17:18による)

 3 司式者)主は言われます、
         「わたしは誰を遣わすべきか」。
   会  衆)わたしがここにおります。わたしを遣わしでください。
   司式者)キリストの平和の使者として、行きなさい。
                           (イザヤ書6:8による)

 4 いかに美しいことか、
   山々を行き巡り、良い知らせを伝える者の足は。
   平和を告げ、恵みの良い知らせを伝え、救いを告げよ。
                           (イザヤ書52:7による)

 5 あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。彼らに父と
   子と聖霊の名によって洗礼を授け、あなたがたに命じておいたことを
   すべて守るように教えなさい。わたしは世の終わりまで、いつも
   あなたがたと共にいる。           (マタイ28:19−20)

 6 平和のうちに、この世へと出て行きなさい。
   主なる神に仕え、隣人を愛し、主なる神を愛し、隣人に仕えなさい。

 7 あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そしで、
   エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに
   至るまで、わたしの証人となる。           (使徒1:8)

93−7  祝福・祝祷

 1 主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりが、あなたがた一同と
   共にあるように。                  (第2コリント13:13)

 2 どうか、平和の神御自身が、あなたがたを全く聖なる者としてくださいます
   ように。また、あなたがたの霊も魂も体も何一つ欠けたところのないもの
   として守り、わたしたちの主イエス・キリストの来られるとき、非の
   うちどころのないものとしてくださいますように。  (第1テサロニケ5:23)

 3 願わくは主があなた(がた)を祝福し、
   あなた(がた)を守られるように。
   願わくは主がみ顔をもって
   あなた(がた)を照らし、
   あなた(がた)を恵まれるように。
   願わくは主がみ顔をあなた(がた)に向け、
   あなた(がた)に平安を賜るように。       (民数記6:24−26)*

 4 神がわたしたちを憐れみ、祝福し
   御顔の輝きをわたしたちに向けてくださいますように。
   あなたの道をこの地が知り、
   御救いをすべての民が知るために。         (詩編67:2−3)

 5 主がすべての災いを遠ざけてあなたを見守り、
    あなたの魂を見守ってくださるように。
   あなたの出で立つのも帰るのも
    主が見守ってくださるように。
   今も、そしてとこしえに。             (詩編121:7−8)

 6 見よ、わたしはあなたと共にいる。あなたがどこへ行っても、わたしは
   あなたを守る。わたしは決して見捨てない。   (創世記28:15による)

 7 平和の源である神があなたがた一同と共におられるように、アーメン。
                              (ローマI5:33)

 8 平和と、信仰を伴う愛が、父である神と主イエス・キリストから、兄弟(姉妹)
   たちにあるように。恵みが、変わらぬ愛をもってわたしたちの主イエス・
   キリストを愛する、すべての人と共にあるように。 (エフェソ6:23−24)

 9 どうか、平和の主御自身が、いついかなる場合にも、あなたがたに平和を
   お与えくださるように。主があなたがた一同と共におられるように。
                           (第2テサロニケ3:16)

10 父である神とわたしたちの主キリスト・イエスからの恵み、憐れみ、
   そして平和があるように。            (第2テモテ1:2)

11 永遠の契約の血による羊の大牧者、わたしたちの主イエスを、死者の
   中から引き上げられた平和の神が、御心に適うことをイエス・キリストに
   よってわたしたちにしてくださり、御心を行うために、すべての良いものを
   あなたがたに備えてくださるように。栄光が世々限りなくキリストに
   ありますように、アーメン。
                       (ヘブライ13:20−21)

讃美歌のページへ

inserted by FC2 system